2006年03月

2006年03月26日

探偵を頼もう!5

探偵を頼もう!の巻き その10「探偵社の選び方−4」


ひさかたぶりの「探偵を頼もう!シリーズ」です。

今回は「探偵社の選び方」の
「4.成功報酬とはなんぞや?」をお送りします。


「成功報酬」

日常生活では、まず耳にしない言葉ですよね。
「成功報酬」という言葉を使うのって、おそらく「弁護士」と「探偵」ぐらいではないでしょうか?

まぁ、読んで字のごとく
「成功したら、報酬が発生します」
っていう意味なんですが・・・。

この「成功報酬」という言葉に、皆さんずいぶん惑わされているんですよね。


以前から、「行方調査」では「成功報酬制」を用いる事はありました。

行方調査の中でも、難易度が高く、探しても見つかるかどうかわからない。という場合に最もよく取られた報酬制度です。

あらかじめ、着手金をお支払いいただいて、対象者が発見できた場合に「成功報酬」をお支払いいただくものです。

見つからなかったら、着手金のみの負担で済む。という事が、
行方調査を成功報酬で行う際の最大の利点だったんです。
ちなみに、着手金というのは、調査を行うのに最低限必要な経費のことです。


ところが、最近、「素行調査」でも「成功報酬」を謳う探偵社が多くなってきました。

ですが・・・
「成功に対する概念」が探偵社と依頼者さんでは大きく異なります。
その為、様々なトラブルになっているのが現状です。

「成功報酬」 = 「失敗したら無料」
この解釈自体は、間違ってはいません。


では、一体何が違うのか?
これから、解説してまいります。


そもそも、「成功」ってどういう意味なんでしょうか?
辞書で調べてみました。

1.物事を目的どおりに成し遂げること。
2.物事をうまく成し遂げて、社会的地位や名声などを得ること。
だそうです。


では、調査においての「成功」とは・・・

  探偵社の言う「成功」とは、調査を完遂すること

  依頼者さんの言う「成功」とは、異性との接触

と考えているのが、一般的です。

この「成功に対する概念の違い」が、面談の際にきちんと話し合われていない為、トラブルになります。


それでは、面談時によくある会話を参考にしてみましょう。

探偵社は「成功」=調査の完遂
依頼者さんは「成功」=異性と接触した証拠
という前提で話しています。


依:おたくは「成功報酬」で調査をしてもらえるのよね。


探:はい。調査が失敗したらお金は一切かかりません

依:そう、それなら安心ね、とりあえず1日だけ調査をお願いするわ。

探:ありがとうございます。おまかせください。

 さて、調査当日、対象者は、異性と接触せず、まっすぐ帰宅しました。
 帰宅を確認し、調査は終了となりました



探:対象者の帰宅を確認し、調査を完了しました。
  調査は成功いたしましたので、成功報酬をお支払いください


依:え?誰とも接触していないじゃない!
  証拠にもならないし、調査は失敗よ。成功報酬は払えないわ!



さて、あなたはどちらの言い分が正しいと思いますか?


依頼者さんにしてみれば、異性と接触したら「成功」と考えている訳ですから、たまったもんではありませんよね。
「悪徳探偵だわ!」と思われるかもしれません。

でも、本当にそうでしょうか?

私は、探偵社で働いていますので、正直なところ、探偵社側の意見は妥当と思います。
対象者を見失うことなく、帰宅まできちんと調査を行い完了していますので、調査は成功といえます。

一般的に、探偵社の言う「失敗」とは、
対象者を見失うなど、調査を継続できなくなった場合。
対象者に調査が発覚(あってはなりませんが)し、調査を継続できなくなった場合。
など、探偵社側のミスにより調査が終了した場合を言います。


え〜〜!探偵社ってずる〜〜い!って思われますか?



みなさん冷静に考えてみてください。


確実に浮気をしていて、なおかつ、絶対に会っている日が特定できる人物を調査するのであれば、その日に調査をすればいいので、
依頼者さんの言う「成功」である「異性との接触の証拠」は容易に取れるでしょう。
ですので、「成功報酬」の素行調査も有効な方法だと思います。


しかし!!

浮気しているかどうかはっきりしない人物を調査する場合はどうでしょう?

本当に浮気をしているのかわからない。
いつ接触するのかわからない。
そのような状況の対象者を、「接触しなかったら無料」で調査をする会社があるでしょうか?


例えば、みなさんが調査員だったら、どうですか?
朝の出勤から帰宅まで、丸一日調査したけれど、誰とも接触しないで帰宅。
今日は、接触しなかったから、お給料も交通費も無しです。

考えられますか?

ありえないでしょ?


どこかの会社に所属し、仕事をすればお給料がもらえますよね。
それは、調査員も同じです。

探偵社は1現場に最低2名は調査員を使います。
つまり、調査をすれば最低2名の人件費・経費はかかるのです


例えば、1週間調査をして、やっと接触したとします。
1週間分の調査料金を成功報酬として請求されるのは、ちょっと考えればわかりますよね。



私の勤める探偵社でも、行方調査や一部の情報調査などでは、成功報酬を取り入れています。

ときどき、素行調査でも「成功報酬」について問合せを頂きますが、
依頼者さんにとってあまり有益な方法ではないという事をきちんと説明すると、
わかっていただけます。

中には「なんだ、結局金かかるんじゃん」と言い捨て、ガッチャ〜ンと電話を切る方もいらっしゃいます。

そういう方のほとんどは、
考え方のくい違いがわかっているのに『成功の概念』をきちんと説明せず、それを逆手に取り、契約する会社と契約を交わし、挙げ句、高額な「成功報酬」を請求されています。


それでも、どうしても「成功報酬で素行調査」を希望される場合。
1.素行調査の基本料金との比較
2.成功の概念
3.成功報酬の金額とその内訳

最低限この点は、確認し、納得できたら契約しましょう。


成功報酬 = 接触しなかったら無料 ではありません!!


本日も長々とありがとうございました。
お疲れついでにぽちっとおねがいしましょ〜〜。 人気blogranking ブログ村

hikari_kobuta at 23:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 探偵を頼もう! 

2006年03月14日

続・悪徳探偵。3

ご無沙汰しております。
ちょ〜〜久しぶりの更新です。


先日 「悪徳探偵にウソの報告をされてしまった花子さん」のことを書きました。

花子さんの、その後についてです。
 → 当社で調査をするまでのいきさつはこちらをお読みくださいね。


調査の結果を報告した相談員の談です。

結果を聞いた花子さんですが、衝撃のあまりしばらく言葉を失ってしまったそうです。
信用して頼んだ探偵社に、ウソの報告をされてしまったのですから、無理もありません。

その探偵社がきちんと調査を行っていれば
今回当社で行った調査で「該当なし」という結果は絶対にありえないのです。


「どうしたらいいんでしょうか?」「訴えた方がいいんでしょうか?」と言う花子さんに、「訴訟を起こすのにもお金はかかる」こと「返金される保証は無い」こと、なにより「契約書が無いので契約の事実が証明できない」という事。
それを考えると、花子さんのリスクばかり大きくなってしまう。とお伝えしました。


花子さんとしては、どうしても真実は知りたいと言います。
それには、「前回行った調査を、もう一度するしか方法は無いです」と言いました。
花子さんにしてみれば、「同じ調査を・・・?どうして・・・?」と思うのは当然だと思います。

ですが、花子さんの持っている情報で、相手を特定できるものは、その方法しかないのです。

「ごめんなさい、今はちょっと冷静に考えられないです」と花子さん。

私たちも、その気持ちはよくわかります。

それに、不安定な気持ちを抱えている事に、つけ込むような契約はしたくないですし、する気はありません。

「よく考えて、電話ください。」と言い、その日は別れました。



数日後「やっぱりどうしても知りたんです。考えないようにしようと思っても、どうしてもそのことばかり考えてしまって・・・イライラして子供にも八つ当たりしてしまうんです・・・。お願いします。」

と電話がありました。

そして、当社で調査をかけてから4日程で結果が出てきました

ついに!真実が明らかになりました!!


もともと、花子さんは、名字と大体の住所は知っていました。

結果はというと、
花子さんの予想通り、名字と大体の住所は合致していました。

問題なのはその後です。

名前と続きの住所が判明したのですが・・・

な。な。なんと!!

悪徳探偵社の調査結果との2つの決定的な違いが!!

それは、名前の違い。  しかも一文字だけ。。
そして、部屋番号の違い。


つまり、悪徳探偵が報告した結果が、

佐藤 由子さん。
東京都○○区△△町1−1−1−101
だったとします。

実際の調査結果は、

佐藤 由子さん。
東京都○○区△△町1−1−1−102
でした。

実名ではないですよ・・・念のため。。。

花子さんはもちろんですが、私たちも、この結果には驚きました。

なぜ、そんな手の込んだ(?)ウソをつくのか?
考えても考えても、その真意がわかりません。


探偵社が行う「情報調査」というものは、
たった一文字違っても別人という扱いになります。
それが2ヶ所も違ってたら・・・。ねぇ・・・。


でもね、情報ってホントにデリケートなんだなぁって改めて思いました。

これまでも、誤字脱字には細心の注意を払っていましたが、
これからも、気を引き締めていかなくちゃ!!



本日もご愛読ありがとさんっ。
↓ ついでにぽちっと。よろしくりんこ。(小倉優子風。)
人気blogranking ブログ村



hikari_kobuta at 18:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0) これが、悪徳探偵の手口だ!! 
blogram
blogram投票ボタン