2007年01月

2007年01月26日

探偵を頼もう!3

最近、書いていませんでした「探偵を頼もう!の巻」
もうそろそろ、このシリーズも終盤です。

探偵を頼もう!の巻き その14
「探偵社の選び方−8 探偵ランキング・紹介サイトってどうよ」


探偵を頼もう!の巻 その9 探偵社の選び方−3
探偵を頼もう!の巻 その11 探偵社の選び方−5

で、ちょっとづつ触れてますが、もう少し詳しく書こうと思います。

「登録探偵社に一括見積もり送信ができます。」
「近くの探偵社を一発検索できます。」
などの、いわゆる「探偵登録サイト」ですが、
これらのサイトは、探偵社の広告の手段ですので悪いとは思いません。
高額な広告費をかけている会社に比べたら、努力していますし、少しでも多くの方の目に触れようという姿勢が感じられます。

タウンページ同様、無料掲載部分と、目立つ場所への有料掲載があります。
基本的に、探偵社が「登録サイト」に対し、掲載申し込みをします。
依頼者さんご自身で、気に入った(?)探偵社にメールを送信することもできますし、何社かに一括見積もりを送信する事ができます。
ちなみに10社に送信しても、10社からの返信が約束されているものではありません。良くて、半分から8割の返信率ですね。

返信されてくるのは、
1.金額が明確に記載されている会社
2.大体の金額が記載されている会社
3.うんちくばかり長々と書き、結局金額は記載していない会社
4.電話をくださればご説明しますと言う会社
大体、この4つに分類されます。

3.4・に関しては、検討するだけ無駄ですのでほっときましょう。
「私も離婚経験者で・・・」とか「アドバイザーの資格」とかそんなことは、調査力には関係ないですから。。。

2.はメールを読む価値はありますが、何点か注意しなければなりません。

例えば、1日5時間だけ調査したい。と問い合わせたとします。
調査をきちんとする会社で、大体10万〜12万+経費です。

調査員1名で行なった場合の金額で返答。
→素行調査では1名では絶対に調査は出来ません。
 すなわち、担当と会うと、2倍または3倍の金額になります。

1日5万円前後で、1週間で30万(大体1割程度)で返答。
→1日しか希望していないのに1週間で答えてくる場合は、担当と会うと「1週間で無理やり契約」する羽目になります。なぜなら、とにかく強引だからです。。

調査経費込みで7万円程度で返答。
→どこに行くかも判らないのに、調査をする前から「経費込み」なんてありえませんよね。新幹線とか飛行機乗ったらどうするんでしょう?
どんなに安くてもやめたほうがいいです。

最終的に決めるのは依頼者さんですから、実際に担当と会って話を聞いて決めましょう。
契約書を交わすのはもちろんですが、契約書はきちんと読みましょうね。
それからどんなに営業の人が良い人でも「先払い」と言う会社はやめましょうね。

また、話がそれたかしら。。。??

つぎに、上記以外のサイト。。。
「探偵社の料金ランキングをしています。」
「ご希望の調査内容に一番適した探偵社をご紹介いたします。」
などという、「探偵ランキング」「探偵紹介サイト」ですが。

これが、問題なんです!!

まず、ランキングですが、
運営しているサイトが、調査時間と日数などを決めて、それに対して登録している探偵社が料金を算出し、それを安い順に掲載する。っちゅうヤツです。

「合計金額」と書いてあるにも関わらず、
車両代別途とか
撮影代別とか
報告書代別途とか
1名で調査した場合とか
5日以上契約の場合とか・・・

結局のところ「合計」じゃないんですよねぇ・・・ちなみに「調査力」は運営サイトは確認していませんので、あしからず。


それから、紹介サイトですが、
ほぼ「探偵社の自作自演」です。

そのサイト内に「登録探偵社一覧」があるか?確認してみてください。
各地方ごとに登録社数何社とか載せたりしてますけど、
どこを探しても「登録探偵社」は載っていません。
そのかわりそれっぽく見せる為に「探偵社募集」は載ってますけどね。

実際に電話をすると。。。
「折り返し、探偵社から連絡をします」と言われます。
かかってくるのは、運営している探偵社からです。

違う探偵社は紹介してもらえません。
だって、登録している探偵社なんて無いんですもの。。。


あぁなんだか、今日は暗いシメですね。

まぁ、何から何まで信用せず、自分の目で確認しなければダメってことです。


ではまた、ごきげんよう




人気blogrankingブログ村

hikari_kobuta at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 探偵を頼もう! 

2007年01月22日

当たった〜〜。5

わ〜いわ〜い

こんにちは。浮かれててすみません。

実はですね。

当たったんですよ。
当たっちゃったんですぅ。
う〜〜れし〜〜

何が当たったのかといいますと。。。
「うどん」です。
「さぬきうどん
香川県名産の「さぬきうどん」が当たりましたの〜〜。

いえね、当選したことは随分前にメールで知っていたのですが、昨日実物が届いたんです〜〜。

ワタクシこれでも結構「運」が良い方らしく、過去にもちょこちょこと当選はしているんです。ビール1ケースとか、ヘアケア製品詰め合わせとか。国内温泉旅行とか。。。
残念ながら、大物(車とか)は当たったこと無いんですけどね・・・

何回当たっても、うれしいものはうれしい訳で・・・
当選品が届く度に、小躍りしてます

そして私の中では、
「当選は忘れた頃にやってくる」。
というのが当たり前でしたので、
「いつ応募したっけ?」と言うのが多々ありました。

でも、今回のはきっちり覚えていたんです。

思い起こせば数ヶ月前・・・
コンビニでお買い物を致しました。

いつもは行かない、ファミリーマートです。
久しぶりに入ったファミリーマートでお買い物を終え、レシートをふと見ると「日本のごちそうプレゼント」とありました。

700円(だったと思った)以上のお買い物で応募できるとの事でしたので、早速応募しました。

47都道府県から、自分で選んで応募するもので、
悩んだんですよね。。。松坂牛とか米沢牛とかカニとか。。。
で、悩んで悩んで悩んだ末に「さぬきうどん」にしたんです。

意外と売ってないじゃないですか「本場のさぬきうどん」って。
でも、わざわざ行くには遠いし交通費もかかりますしね。
(ケチ・・・?そんなことはないですよね?)

たしか、当選人数は各県で3〜5名だったんですけど、香川県は5名だったと思います。

つ・ま・り!!
わたしは選ばれた5名なんですね〜〜。

いやぁ、うれしーですね〜〜。

この喜びを胸に、またお仕事が頑張れそうです!!

それでは今日は「自慢」でした。ごきげんよう。


人気blogrankingブログ村

hikari_kobuta at 14:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0) グルメなおはなし。 

2007年01月12日

絶対バレません。−その2

こんばんは。

今日は、絶対にバレません。−その1の続編をお届けします。


「どんなことでも調べられます」と言ってました。
「調査が絶対にバレることはありません」と言ってました。
「これまでに一度もバレた事はありません」と言ってました。

何社かの探偵社の担当と会い、調査内容と金額を比較検討していた依頼者さんは「○○探偵社の人がそう言ってました。おたくは違うの?」と、おっしゃいます。

確かに「情報調査」は「バレないように」調査が出来ます。
「素行調査」でも、状況によってそれはほぼ可能です。

なぜならば「対象者および対象者を知る人物等には直接的には接触しない」からです。
接触しないから、人づてに調査が発覚することはありえないのです。

今回のような「聞き込み調査」は、それらの人物に接触をしなければ、調査になりません。
つまり「対象者を知る人物等に直接的に接触する」のです。
巡り巡って、人づてに、本人の耳に入ることはあり得る事なのです。


当社では「聞き込み調査」を行なって生じる可能性のあるリスクを必ずご説明しています。
そのリスクというのが「調査対象者の耳に入る可能性がある」ということなのです。

例えば、近隣住民に評判を聞き込む場合。

対象宅の近隣のお宅を1件1件訪問します。
すべての訪問先で快くお答えがいただけるものではありません。

カメラ付きインターフォンが普及した現在、
「訪問販売」や「各種の勧誘」だろうと思われ「居留守」を使われる事もしょっちゅうです。
住民の関係が密接な地域では、あっという間に「突然の訪問者」の事が知れ渡り「拒否」されることだってあります。その逆もありますが・・・

お話を伺えたお宅では、5分〜20分くらいお話をさせていただきます。
朝や夕方・夜間の時間帯は避け、一般的な住宅街でしたら1〜2日で、対象者宅の所在地域と隣接する地域の調査は出来ます。
もちろん、報告書には付近の映像なども掲載します。


前述の依頼者さんに対しての、インチキ探偵のご提案は・・・
調査期間は2週間毎日行い。
そして「“絶対に”バレることは無い!!」と豪語したそうです。

ちなみに調査地域は東北の山深い地域でした。
一体、いくつ先の町まで聞き込みを行なうつもりなのでしょうか?

どんな方に聞き込むかもわからないのに、
なぜ、調査をする前から「バレない」と言い切れるのでしょうか?

例えば「じゃぁ、お礼に・・・」と金銭を渡したとしても、しゃべっちゃう人はしゃべっちゃいます。←注:普通はしませんよ。

「聞き込み調査」をお考えの依頼者さま!!
気をつけてくださいね。
何でも、都合の良い方にばかり考えちゃダメです
リスクをご説明するのは、依頼者さんの為なのですから。。。


ちなみにですけど、その会社は「全額先払い」だそうです。
料金は「15万円」だったそうですけど・・・
聞き込み調査では驚きの破格ですね。。。

おそらく、住宅地図などで、近隣の住所・氏名を確認して、
「留守でした」
「お付き合いが無くわかりません」
「良い子ですよ」
と当たり障りの無い文章だけの報告書を提出されるのがオチではないでしょうか?

ほんっと〜〜に、気をつけてくださいね。

では、今日はこれにて・・・。ごきげんよう


人気blogrankingブログ村

hikari_kobuta at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) これが、悪徳探偵の手口だ!! 

2007年01月11日

絶対バレません。−その1

こんにちは。
お正月の見事な食欲のツケがまわり、おなかが空いて仕方がありません。

そんなことはさておき、本題に参りましょう。
年が明けて、結婚に関してのお問合せが立て続けにありました。

その中に、当社の担当と会う前に、他の探偵社の営業と会って相談し、比較検討している方がいらっしゃいました。
まぁ、それは良くある事ですので、別に何ともないのですが・・・

悪徳探偵社が「契約をしたいが為に言うウソ」があります。
そのウソによって「非常に迷惑し、困ること」が良くあります。

そのウソとは・・・

「100%バレません」
「絶対にバレません」


結婚という、一生に一度の大イベントを迎えるにあたり、
相手のコトはもちろんだけど、家族の事を知っておきたい。
と言うのは親ならば当然の心配事です。

ほとんどの方は、
交際は知っていたが「結婚はまだ先と思っていた。」とか
交際相手がいる事も知らず、ある日突然「結婚したい人がいる」と言われた。
と言います。

お付き合いしている時からよく遊びに来ていて、本人は良い子だと思うけれど、結婚となると話は違う。という方もいます。

とにもかくにも、結婚は本人同士だけの問題ではないことは確かですよね

ですので、一番知りたいのは近所の評判。と言う方が大多数です。

対象者家族や家庭についての、人柄や近所での評判・評価、印象を知る為には・・・? どういった調査をするでしょう??

答えは「聞き込み調査」です。

話術に長けた調査員が対象者について聞き込み、
他人から見た「印象・性格・人柄など」を伺います。

ご理解いただいている方もいるかと思いますが・・・
あくまでも「他人からみた印象」ですので、性格や人柄を100%正確に言い表しているものではありません。

当然「調査をしている事はわからないように」進めていきますし、
他言はしないようにとお話をします。

しかしながら、聞き込み調査だけは
「100%本人の耳に入らないというお約束は出来ません」

なぜなら・・・
1.対象者との関係はわからない。
2.聞き込んだ人物がどういう人物かわからない。
からです。

聞き込んだ方と調査対象者との関係はお家を見ただけでは判りませんよね。
幼馴染みかもしれませんし、自治会の役員同士かもしれませんし、同じ趣味を持つご近所同士かもしれません。ひょっとしたら犬猿の仲という事だってあります。
また、聞き込んだ方が寡黙な方か、非常に社交的な方かは判りません。

つまり・・・
聞き込み調査に限っては、実際に調査をする前から、
「絶対にバレません」なんて、軽く言う事は出来ないのです。

でも、無責任に、平気でそう言う事を言う探偵社があります。
そして、その言葉をぜ〜〜んぶ信じてしまう依頼者さんがいます。

そういった依頼者さんをなくす為に!!
「びっくりしちゃう提案内容」は、次回「その2」でお伝えしますね。

では、本日はこれにて・・・ごきげんよう



人気blogranking ブログ村



hikari_kobuta at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) これが、悪徳探偵の手口だ!! 

2007年01月04日

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございますっ。

お正月はいかがお過ごしだったでしょうか?
今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか?

わたくしは、お仕事とお休みと両方だったのですが、
お休みの日は、昼間っからおビールをいただいておりました。うふふっ。

昼間っからっていうのがいいんですよねぇ。。
普段は出来ないですもの。。。特別って感じですよねぇ。

そうそう、あとはやっぱり「かに」ですよぉ「たらばがに」。

わたくしの場合「おビール」と「たらばがに」
この2つが揃わないとお正月って感じがしないんですぅ。

さぁて、お正月気分の余韻を残してはおりますがっ、

本年も、悩める皆々様の為、頑張っていきたいと思いまっっす。


そういえば!!←どうしても「総入歯」と言いたくなってしまいます

確かこのブログを書き始めたのは、去年のお正月が明けてからでした。
早いものでして、もう1年経ってしまったのですね・・・

今年は・・・少なくとも週1ペースでの更新を目標にがんばります






人気blogrankingブログ村



hikari_kobuta at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常の出来事。 
blogram
blogram投票ボタン