2007年02月

2007年02月21日

探偵を頼もう!5

こんにちわんこそばっ。

またまた、お久しぶりでございます。
いつも言ってますけど、サボっていた訳じゃないですよ。

今日は、
探偵を頼もう!の巻き その15
「探偵社の選び方−9 先払いしてもホントに大丈夫?」

をお届けします。


おそらく、日本全国の探偵社の9割くらいは「調査料金先払い」ではないかと思います。

一番多いのは、
調査日までに、契約金額の全額を振り込んで下さい。入金の確認が出来たら調査を開始します。
報告時に、追加料金と経費をお支払い下さい。

というパターンです。

果たして本当に先払いしても大丈夫なのでしょうか?


ってか、大丈夫じゃないから、こうして取り上げているんですケドね。。。


この世の中で、お金を先に支払う事ってどんなことがあるでしょうか?

食券を購入する飲食店。
バスや電車の回数券。
英会話教室のチケット。
エステのチケット。
ネットオークションの支払い。

などなど。。ぼちぼちありますが。。。

食券や回数券などは、確実に満腹になったり、電車に乗れるので、心配は無いですよね。

英会話やエステのチケットも、期限はあっても行けば授業を受けたり、施術を受けることが出来ます。

ネットオークションは、様々なトラブルがあることは確かです。
とはいっても、ついつい通販とか「先払い」しちゃいますけどね。。。
ありゃりゃ、それじゃ、元も子もないですね。
でも、どうしても「先払い」をしたくない場合「代金引換」という方法が選択できます。要は、本人の希望次第なんですよね。


しかし、探偵はどうです?
「先にお金払ってくれないなら、調査はしませんよ!」

って・・・そりゃぁ横暴ぢゃありませんか?

私は、横暴だと思うんですけどね・・・
だって、何の保証もないんですよ。

当然、その会社に依頼しようと決める時、調査報告書の見本などを見て「調査力」の確認はしていると思います。

でもね、何だかんだ言っても、調査料金って数百円単位じゃないですよね。
数万円〜数十万円という「大金」じゃないですか。

私にとっては、1万円だって大金です。

先払いする事に不安は無いですか?

多分、ほとんどの方が「不安」だとは思います。
でも「探偵社では先払いが当たり前です!」と言い切られてしまうと「あぁ、そうなのか・・・」と支払ってしまうんですね。

手持ちが無い。そんな高額じゃ払えない。と言うと
「クレジット払いが使えます」とか言う始末です。

何で、何の保証も無いものに対して、まだ何もしていないのに、クレジットを組みましょうと言えるのでしょうか?


でもって、約束の調査日当日。。。
ちゃんと連絡をくれて、なおかつ証拠が取れる会社だったら、やっと安心して胸をなでおろすこともできるでしょう。

しかし!
探偵社から何の連絡も無く、調査をしているのかすらわからない。とか
連絡しても「担当は外出中です、連絡させます」と言われるだけで折り返しの連絡も一切ない。とか。
最悪の場合、電話に出ない。という事もあります。

結局、ど〜〜しよ〜もない結果だったとしても、先にお金を振り込んでしまっているのでどうすることもできません。
挙げ句、追加料金や延長料金まで請求されちゃうのです。

クレジットを組んでしまったら、毎月確実に請求が来ます。


そうでなくても心配な事が多いのに、これ以上、心配事を増やしてどうするんですか!?

われらが「ひかり探偵事務所」は、ほとんどの調査が「後払い」です。

後払いではお受けできない調査は3種類だけです。
1.DNA鑑定。
→ 私的鑑定も裁判鑑定も、半金を先にお支払いいただき、採取キットをお送りします。鑑定結果と引き換えに残金をお支払いいただきます。

2.筆跡鑑定書や指紋鑑定書の作成。
→ 通常鑑定は後払いです。裁判などで鑑定書が必要な場合、作成費用のみ先払いです。

3.成功報酬でお受けした調査の着手金。
→ 行方調査などを成功報酬でお受けする場合、着手金は調査を遂行する為の人件費や経費ですのでお支払いいただいております。

そして、もう1つ特殊なケースで、担当と会わずにご契約をした場合。
→ どうしても会いたくないという方。メールやFAXなどでご契約をさせていただいた方。の場合、当社としても依頼者さんを信頼する術がございませんので、半金をいただいております。


これ以外、契約時はもちろん、調査前・調査中にお金をいただく事はありません。


依頼者さんが、探偵社に問合せをする時、ぜひ聞いてください。
先払いなのか?後払いなのか?
「たぶん後払いできます」って言うのは「できない」のと同じです。
「クレジットが使えます」って言うのは、話が違う方向へ向かってます。

探偵社も、料金は「言えない」としても、先払いか?後払いか?は言えますよね。


悪い事は言いません。先払いはしちゃいけません。絶対に!!



ふぅ、なんだか今日は文章の組み合わせがうまくいってないような気がします・・・大丈夫かなぁ・・・お腹が空いてるからかな?


さてさて、涙なくしては語れない、残念なお知らせがございます

実は、今回をもちまして「探偵を頼もう!の巻」は終了となります。
一通り、注意点は書いたハズ・・・
また思い出したら、その都度更新いたします。

永らくのお付き合い、誠にありがとうございました。











な〜〜〜ンて、このままおとなしく終了してしまうワタクシではございませんっ!!

新しく「実際に会う際の注意点」(タイトルは考え中です)をはじめま〜す。がはは。

また、よろしくお願いします。


では、ごきげんよう



人気blogrankingブログ村ビジネスブログ

hikari_kobuta at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 探偵を頼もう! 

2007年02月07日

朱に交われば・・・2

こんにちは

今日、梅のお花が咲いているのを見つけました。
梅のお花って素朴でかわいいですよね。

さて、今日は、ちょっと残念なお話です。

以前、探偵社同士の横のつながりはあまりない。と書いたことがあります。
とはいえ、全く無いわけではありません。

探偵社に就職し技術を身につけた後、独立する方などもいます。
喧嘩やトラブルが原因ではないので、友好的な付き合いはあるものです。

世間で言う「大企業」でも、技術提携や情報交換などはしていますよね。
それと同じで、探偵業界も情報交換はしています。
そうすることで、お互いの意識を高められますし、困ったときには助け合ったりするものです。

逆にそれが一切無い探偵社は閉鎖的な会社になってしまうのではないでしょうか?


しかし、良い事もある反面、悲しい現実を知ってしまうこともあります。

独立し、個人で探偵をはじめる場合、
最初に立ちはだかる壁は「問合せ」が来ない。という点です。
「問合せ」が無ければ「調査」がありません。
「調査」が無ければ「売り上げ」が上がりませんね。

じゃぁ、どうしたらいいのか?

某業界団体に入り、下請けとして仕事をする。
FC加盟し、支社として下請けの仕事をする。

これらの業界団体に入るのに「技術力」や「心意気」などは問いません。

もちろん「技術力」があれば「下請け」の仕事は増えます。
仕事を振る「元請け」にあたる探偵社(業界団体の上層クラスの探偵社)は、「出来ない下請け」に頼むよりは「出来る下請け」に頼んだほうが良いからです。

そして、調査の案件によっては、複数の「下請け」が一緒に調査をする事があります。

ここで「探偵としての意識の高い探偵社」が「意識の低い探偵社」へと変わって行ってしまう原因が生まれてきます。

どういうことかと言いますと、

朝8時から夜20時まで3日間の調査としましょう。

「意識の高い探偵社A社」と「意識の低い探偵社B社」が同じ現場で仕事をしたとします。

初日は、お互い探り探りですので、きちんと調査をします。

2日目になると「B社」は手抜きを始めます。
基本的にいつもそうしている為、初日の緊張感はなくなります。
逆に、真面目に調査をする「A社」に対し「適当でいいんだよ」と言います。

3日目、「B社」は当たり前のように手抜き調査をします。
「A社」は戸惑いつつも真面目に調査をします。

真面目にした「A社」も、手抜きをした「B社」も、「元請け」から支払われる報酬は同じです。

同じ現場で同じ時間、同じ日数、仕事をしています。
適当にやっても、一生懸命やっても同じ報酬です。

それを知った時
「な〜んだ適当でいいんじゃないか。」と思ってしまうのです。


下請けが絶対に悪い。とは言いません。
でも「依頼する側の気持ち」を考えたら、絶対そんないいかげんな調査は出来ないはずです。

はじめた頃は、そんなんじゃなかったと思います


「え!あの人はちゃんと仕事をする人だったのに・・・」
事実を知ったときの衝撃は今でも忘れられません。

対象者がほとんど外出しないような張り込みでは、居眠り。パチンコ。買い物。
当たり前だそうです・・・


たとえ仕事が出来る「下請け探偵」でも、
これもある意味「悪徳探偵」だと思います。

目指せ!悪徳撲滅!!


では、今日はこのへんで、ごきげんよう。






ブログ村人気blogrankingビジネスブログ

hikari_kobuta at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(1) これが、悪徳探偵の手口だ!! 
blogram
blogram投票ボタン