2011年07月26日

探偵になりたい方へ

こんにちは

この数日、暑いですが、猛暑という程の暑さではなく、すごしやすくてありがたいです。

わたくし、なにしろ暑がりなので・・・

今日は、ちょっぴりマジメなお話をしたいと思います。

先日、こちらの記事にコメントをいただきました。
探偵事務所で働く女:あれ?あの車は・・・? - livedoor Blog(ブログ)


コメントを引用します。

はじめまして
こんばんは。

本日はじめてブログ拝見しました。

探偵業に興味がありこちらのブログに行き着きました。

田舎に暮らす35歳(男)
探偵の学校に入学も考えましたが、妻子あり子供2人おり、なかなか踏み出せずにいます。
甘い世界で無い事は承知してます。

質問ですが、山形県の田舎に探偵業を開業しても難しいと思いますか?
都会とは違い人口の問題などもあると思います。
私は若い時代から外仕事や調理関係の仕事を経験し探偵業のイロハも何も知りません。
お忙しいと思いますが、相談にのって頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。



私は、正直な人間です、だから、正直にお答えします。

未経験である事
年齢的な事
扶養家族がある事
地域などなど、総合的に考え、1000歩譲ったとしても・・・
悪い事は言いません。探偵への道は断念された方がいいと思います

以前、記事でも書いた事がありますが、
探偵になるには、学校へ行くか、FC加盟するか、探偵社に就職するか。
このどれかしかないと書きました。

学校は誰でも入る事が出来ますが、必ずしも、就職できるとは限りません
学校を卒業しただけで開業は無謀です
正確に言うと、開業は出来るかもしれません。
でも、実践のノウハウがありませんので、すぐ潰れてしまうでしょう。
その前に、山形に学校・・・あったかなぁ?


フランチャイズも誰でも加盟する事が出来ます。
ですが、原則、自分の支社は自力で宣伝しなければなりません
数百万で簡単に開業は出来ますが、継続していく為の努力や宣伝の為の資金がなければ生き残ってはいけません。さらに、売り上げがあろうと無かろうと、毎月のロイヤリティがかかります
FCの有名な会社をご存知ですか?何年も支社数が変わっていませんね。
新規開業はしているんですよ。でも、同じ数、もしくはそれ以上が潰れているんです。


探偵社に就職するには、おそらく年齢的な部分と、扶養家族があるという事がどうしても不利になってしまうと思います。
仮に奥様のご理解があったとしても、未経験と年齢は不利かもしれません。


どうしてもご自分で開業をしたい。。。
月に数回の問合せしかないと言う会社がたくさんあります。
東京や、大阪、名古屋、福岡などの大都市でも、仕事が無く潰れて行く探偵社がたくさんあります。
地方では、なおさらです。
ですから、地方で開業している個人の探偵社さんの多くは、あらゆる地域の個人探偵社さんと協力し合っています。自分のテリトリーだけでは食べていけないからです。
でも、協力し合って調査をするには、確かな調査力が必要です
なぜなら、調査も出来ないような人とは誰も仕事したくないからです
現実的な事を考えても、未経験での開業は無謀です


未経験の新しい世界に飛び込むのに、年齢や家族の有無や、地域は関係ない。
厳しいのはどの業界も同じだ。はじめから楽な仕事なんてない。
と、ほとんどの人は言うでしょう。

その通りです。
そのポジティブ思考でホイホイ開業しちゃうと大変なんです。
始めるのは簡単です。
始めてからが問題なんです。
継続していく事がとても厳しいのです。

それを知っているからこそ、安易にお勧めは出来ません。
家族がいるならなおさらです。

まずは、調査力のある探偵社に就職し修行すること。
数年修行し、あらゆる調査をこなせるようになり、調査の提案が出来るようになり、報告書などの事務も出来るようになり、晴れて開業できたとしても、すぐに依頼が来るとは限りません。
自分の会社を宣伝するにもお金がかかります。

ですから、修行中の数年間は、良くて15万〜20万程度の月収でも生活できる事。
開業から最低でも1年は、収入と支出でプラスマイナスゼロでも食べていける貯蓄があること。

普通、始める前に、辞めるときの事を考える人はいませんが、
そこまで考えて始めれば、後悔も失敗も少ないかもしれません。

独身なら自分だけですが、家族がいるのなら、慎重に・・・
探偵業界への転職は、普通の転職とは違いますので




では、今日はこの辺で・・・
ごきげんよう


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン


ひかり探偵事務所には、衝撃的な絵の才能を持つ社長がいます。
ぶた





hikari_kobuta at 17:03│Comments(0)TrackBack(0) 探偵になりたい。 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
blogram
blogram投票ボタン