探偵になりたい。

2012年07月24日

コメントで頂いた質問にお答えします

大変ご無沙汰しておりました。
今年もあっという間に7月。しかももう下旬・・・

5月頃にコメントを頂いていたのに、ブログを放置プレイしていたせいで
今頃になってしまいました。ごめんなさい。

人気ブログランキングへ 

コメントから抜粋します。

僕も現在探偵として働いています
入社一ヶ月半ぐらいですが…
そこでご相談なのですが
今の職場が僕と社長の2人しかいません

調査もたまに1人で行ったりしています
社長曰く「失敗はしかたないから考えてやってみな」とのことです。

僕自身とてもありがたく思って働いていますが
最近、思うのは他もこうなのかな?
ということです



結論から言うと、
個人でも、法人でも、
コメント主さんのような会社は多いです


調査員の数が多い少ないで、探偵社の優劣は決まりません。
個人探偵さんでも、法人の探偵社でも、
きちんと調査を行い、すばらしい調査が出来る優秀なところはあります。

コメント主さんは、入社1ヶ月半で現場をこなしているようですので、
見込みがあるのではないでしょうか?

調査員って、なによりも「素質」ですから。
素質が無ければ、どんなに努力してもダメなんです。
調査のセンスが無い人は、申し訳ないけどダメなんです。

1〜2回は、様子見が必要ですが、
3〜4回も現場に出せば素質・センスの有無は見えてきます。

「失敗はしかたない」は、ちょっと問題ですが・・・

「失敗」にも、「それにいたる状況」というものがありますよね。
調査対象者が急にタクシーに乗って行ってしまい、尾行するタクシーがいなくて尾行不可能になったとか、
スピードは出すわ、信号ギリギリで突っ込んで行くわ、と運転が荒く、危険回避せざるを得なかったとか、
こういうケースは「探偵社側の過失」ではありませんので通常、失敗とは言いません。
「失敗はしかたない」という意味が、やむを得ないなら仕方ないという事なら良いのですが・・・

「まだ未熟だから、見失っても仕方ない」とかは、ご依頼者様に失礼なので勘弁してくださいね

自分に厳しく、立派な探偵になれるよう、がんばってください。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン



現在の、国内における探偵社数についてですが、
平成23年の公安委員会への探偵業届出件数が5300件ほどです。
その内およそ3900件が個人ですので、届出上およそ75%が個人探偵です。

残る1400件は法人での届出ですが・・・
ほんとーーーに従業員を複数抱えている探偵事務所はこの内の1割あるかどうかというところでしょう。

実は、この情報は同業者さんも含め、皆さんほとんどご存知無いと思うのですが・・・
いわゆる「保険会社の調査」ってありますよね。
本当に通院しているのかとか、本当に休職しているのかとか・・・
私も保険会社の人間ではありませんので、
すべての件を調べているのかまではわかりませんが・・・
保険金の支払いをするにあたって、その事実確認の調査がありますね。
これらの調査を行っている会社は、主に保険会社のみから業務を請け負っているのですが、
その業務の内容は「探偵業務」とみなされており、公安委員会へ探偵業の届出をしなければならないんです。
この業者が実は結構あるようです。
東京のとある警察署では、管轄内で探偵業者のうち、半数以上がこの業者と言うところもあるそうです。
とは言え、これらの業者の場合、より厳しい保険会社の審査がある為、原則法人です。

ですので、純粋な「法人の探偵業者」というのは、かなり減ってしまう訳ですね。

以上、マメ知識でした。


では、今日はこの辺で。
ごきげんよう


ひかり探偵事務所には、衝撃的な絵の才能を持つ社長がいます。
ぶた













hikari_kobuta at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月26日

探偵になりたい方へ

こんにちは

この数日、暑いですが、猛暑という程の暑さではなく、すごしやすくてありがたいです。

わたくし、なにしろ暑がりなので・・・

今日は、ちょっぴりマジメなお話をしたいと思います。

先日、こちらの記事にコメントをいただきました。
探偵事務所で働く女:あれ?あの車は・・・? - livedoor Blog(ブログ)


コメントを引用します。

はじめまして
こんばんは。

本日はじめてブログ拝見しました。

探偵業に興味がありこちらのブログに行き着きました。

田舎に暮らす35歳(男)
探偵の学校に入学も考えましたが、妻子あり子供2人おり、なかなか踏み出せずにいます。
甘い世界で無い事は承知してます。

質問ですが、山形県の田舎に探偵業を開業しても難しいと思いますか?
都会とは違い人口の問題などもあると思います。
私は若い時代から外仕事や調理関係の仕事を経験し探偵業のイロハも何も知りません。
お忙しいと思いますが、相談にのって頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。



私は、正直な人間です、だから、正直にお答えします。

未経験である事
年齢的な事
扶養家族がある事
地域などなど、総合的に考え、1000歩譲ったとしても・・・
悪い事は言いません。探偵への道は断念された方がいいと思います

以前、記事でも書いた事がありますが、
探偵になるには、学校へ行くか、FC加盟するか、探偵社に就職するか。
このどれかしかないと書きました。

学校は誰でも入る事が出来ますが、必ずしも、就職できるとは限りません
学校を卒業しただけで開業は無謀です
正確に言うと、開業は出来るかもしれません。
でも、実践のノウハウがありませんので、すぐ潰れてしまうでしょう。
その前に、山形に学校・・・あったかなぁ?


フランチャイズも誰でも加盟する事が出来ます。
ですが、原則、自分の支社は自力で宣伝しなければなりません
数百万で簡単に開業は出来ますが、継続していく為の努力や宣伝の為の資金がなければ生き残ってはいけません。さらに、売り上げがあろうと無かろうと、毎月のロイヤリティがかかります
FCの有名な会社をご存知ですか?何年も支社数が変わっていませんね。
新規開業はしているんですよ。でも、同じ数、もしくはそれ以上が潰れているんです。


探偵社に就職するには、おそらく年齢的な部分と、扶養家族があるという事がどうしても不利になってしまうと思います。
仮に奥様のご理解があったとしても、未経験と年齢は不利かもしれません。


どうしてもご自分で開業をしたい。。。
月に数回の問合せしかないと言う会社がたくさんあります。
東京や、大阪、名古屋、福岡などの大都市でも、仕事が無く潰れて行く探偵社がたくさんあります。
地方では、なおさらです。
ですから、地方で開業している個人の探偵社さんの多くは、あらゆる地域の個人探偵社さんと協力し合っています。自分のテリトリーだけでは食べていけないからです。
でも、協力し合って調査をするには、確かな調査力が必要です
なぜなら、調査も出来ないような人とは誰も仕事したくないからです
現実的な事を考えても、未経験での開業は無謀です


未経験の新しい世界に飛び込むのに、年齢や家族の有無や、地域は関係ない。
厳しいのはどの業界も同じだ。はじめから楽な仕事なんてない。
と、ほとんどの人は言うでしょう。

その通りです。
そのポジティブ思考でホイホイ開業しちゃうと大変なんです。
始めるのは簡単です。
始めてからが問題なんです。
継続していく事がとても厳しいのです。

それを知っているからこそ、安易にお勧めは出来ません。
家族がいるならなおさらです。

まずは、調査力のある探偵社に就職し修行すること。
数年修行し、あらゆる調査をこなせるようになり、調査の提案が出来るようになり、報告書などの事務も出来るようになり、晴れて開業できたとしても、すぐに依頼が来るとは限りません。
自分の会社を宣伝するにもお金がかかります。

ですから、修行中の数年間は、良くて15万〜20万程度の月収でも生活できる事。
開業から最低でも1年は、収入と支出でプラスマイナスゼロでも食べていける貯蓄があること。

普通、始める前に、辞めるときの事を考える人はいませんが、
そこまで考えて始めれば、後悔も失敗も少ないかもしれません。

独身なら自分だけですが、家族がいるのなら、慎重に・・・
探偵業界への転職は、普通の転職とは違いますので




では、今日はこの辺で・・・
ごきげんよう


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン


ひかり探偵事務所には、衝撃的な絵の才能を持つ社長がいます。
ぶた





hikari_kobuta at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月13日

探偵を目指すの巻5

探偵を目指すの巻 その4「探偵社を見極める」

依頼を考えている方にとっても大切なポイントですが・・・。
就職を考えている方でも同じですね。。。

その3で「会社が違えば方針も違う」と書きました。

会社の方針次第で「調査員の質」が変わってきます。

会社(事務所)の大きさ。
従業員の数。
営業年数。
調査料金。
ホームページの見た目。

そんなものは調査員の質や調査力とは一切関係ありません

面接にこぎつけたそこのあなた!!

面接で確認を忘れてはいけない事!!書きます。
ちょっと長くなりますけど・・・読んでね

続きを読む

hikari_kobuta at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月12日

探偵を目指すの巻5

探偵を目指すの巻  その3「探偵社の探し方」

探偵になりたいあなた!!

さてさて今日は、デキる(←コレ重要です。)探偵になる為の探偵社の探し方です。

実はコレが、一番難しいんです。

探偵社を探す事って、普通に生活していたら、まず無いと思います。

探偵社に用事があって探している方は、

1.仕事の一環として、営業目的。
2.依頼をしようと思って。
3.探偵になりたくて。

大きく分けるとこうなります。

依頼を考えている方にも言える事ですが、

みなさん、悩むのが探偵社選びなんです。

今回は、「デキる探偵」になれる探偵社を探す方法をお伝えしてまいります。



続きを読む

hikari_kobuta at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月11日

探偵を目指すの巻4

探偵を目指すの巻  その2「門を叩く」

さて、その1「探す」で「探偵の道へのきっかけ」を書きました。

今回は・・・

色々なホームページを巡り「この探偵社で働きたい!!」と思える探偵社を見つけ、
そして、いざ「門を叩く」ワケですが、

その前に!!

今一度みなさんに認識しておいていただきたい点などを書きます。

続きを読む

hikari_kobuta at 01:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月09日

探偵を目指すの巻5

探偵を目指す!の巻き その1「探す」

探偵になりたいなぁ。と思った時、どうしたら探偵になれるんだろう?と考えますよね。

探偵になるには、何通りかの方法があります。

1.「今日から探偵です!」と自分で開業する。
2.「まずは勉強!」と探偵学校へ行く。
3.「名の知れた探偵社の看板を借りよう!」とフランチャイズ加盟する。
4.「未経験でも当たって砕けろ!」と探偵社の門を叩く。


まぁ、この4つが主流です。 それぞれの道について、詳しく説明していきますね。

続きを読む

hikari_kobuta at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
blogram
blogram投票ボタン