探偵 ≠ 別れさせ屋

2010年03月28日

別れさせ屋の実態確認

こんにちは。

桜の開花宣言がされた途端、気温が急降下してしまいました。
ほころんだつぼみも、閉じてしまいますね。

今日は、お引っ越しが多いなぁ、と思っていたら、もう3月も最後の日曜日でした。


さて先日、某県警の生活安全課の方からお電話がありました。
立ち入りの際にお会いした事のある担当の方です。

「今日は確認のお電話をしました」
「はい。なんでございましょう?」
「今、ニュースなどでもやっていますが“別れさせ屋”などはしていませんか?」

「100%してません!」
「人の気持ちをお金で変える事なんてできません。」
「工作は探偵のお仕事じゃありません。ってお伝えしています」
とお答えしました。

「ですよね。ひかり探偵事務所さんは大丈夫だと思ってはいるんですが、一応、すべての会社に聞かなければいけないので。」
「近々、立ち入りがありますので、またご連絡しますね。」

と電話を切りました。


でも、ふと思ったんです。

果たして、
「へっへっへ、やってますぜ。別れさせ屋

って、答える所あるのかなぁ。。。


電話で確認したけどやってないって言ってたからOKじゃないですよね?


あれだけ、ニュースでも取りざたされて「悪質」と言われている行為です。
ヤフーはスポンサーサイトは出なくなりましたけど、検索結果にはごっそり出てきますよね。
グーグルは、対策が遅れているのでしょうか?スポンサーリンクが出ますよね。

未だ、堂々と営業している実態が見られます。

まず、そこから排除していくべきじゃないかと思いますが・・・?

「別れさせ屋」の請け負いに関連する記載をホームページ上に確認出来たとか、
依頼するふりして電話して「別れさせ行為」出来ます。と言ったら、その時点で、即廃業命令!!

あぁぁ、やってほしい。
でも、おとり捜査はダメだから、出来ないのよね。。。


もっともっと、厳しい対処を願いたい!!




では、今日はこの辺で。。。
ごきげんよう



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログ 戦うOLへ
ビジネスブログ
blogram投票ボタン


ひかり探偵事務所ひかり探偵事務所








hikari_kobuta at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月31日

「別れさせ屋」野放し、ヤフーが広告掲載中止

こんにちは

先日、速報をお伝えした「別れさせ屋」について、Yahooニュースでも報じられましたね。

しかしまぁ、270社もあったんですね。。。

探偵の行為ではないけれど、業法では規制していないから届出が出来て、そして探偵を名乗り別れさせ屋が出来てしまうというこの現実。

この辺をもっとしっかり規制できないものでしょうか?

まぁでも、ひとまずこれで、表立った変な業者は無くなるのかな?

言わば「闇行為」なわけですよね。
ってことは、結局、探し出して依頼する人がいるのではないでしょうか?
私は、それが心配です。

どうせなら、表示できないようにする。とか出来ないんでしょうか?

でもそれをやったら、問題になっちゃうのかな?


警視庁も「個別のケースで法令違反があれば厳正に対処する」としている。
と言っているようですし、それに期待します。


では、今日はこの辺で。。。
ごきげんよう


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログ 戦うOLへ
ビジネスブログ
blogram投票ボタン


ひかり探偵事務所ひかり探偵事務所


<引用>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100131-00000109-yom-soci


探偵業者が離婚工作などを請け負う「別れさせ行為」について、業界団体の社団法人・日本調査業協会(東京)が調べた結果、非加盟の約270業者がインターネットで依頼を募っていることがわかった。

 「別れさせ屋」と呼ばれる業者には、人を陥れる手口に批判が強く、ネット検索サービス最大手「ヤフー」は2月から、別れさせ行為に関する広告の掲載中止を決めた。

 東京地裁では、昨年4月、別れさせ屋の元工作員の桑原武被告(31)が、五十畑里恵さん(32)を離婚させた後、交際がもつれて殺害したとして、殺人罪などに問われ公判中だ。

 警視庁などによると、桑原被告は2007年6月、IT企業に勤める独身の「ハジメ」と名乗り接近。2人でホテルに入る写真を別の工作員に隠し撮りさせて夫に渡し、離婚を成功させた。桑原被告はその後も交際を続けたが、探偵社を解雇されたトラブルがもとで里恵さんに離婚工作を知られて別れ話となり、激高の末、殺害したとされる。「人をもてあそぶ商売は許せない」と里恵さんの父親は憤る。

 別れさせ屋の問題に詳しい高江洲歳満(たかえすとしみつ)弁護士は「民法には、だまされて行った意思表示は取り消せる規定もある。刑事、民事両面で違法性が高く野放しにしてはいけないビジネスだ」と話す。

 日本調査業協会は別れさせ行為を禁止しているが、探偵業法には規制する法令はない。しかし、警察庁は「個別のケースで法令違反があれば厳正に対処する」としている。

 同協会は2月9日午後1〜4時、被害相談電話(03・3865・8371)を開設する。

hikari_kobuta at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月18日

別れさせ屋

こんばんは。

つい先ほど飛び込んできたニュースです。
朗報です。
待ちに待っていた、その時が来ました。
やっと、yahooが動きました。

これまで、どれだけの方が被害に会ってきたかを考えると、遅すぎると思いますが。。。

「別れさせ屋」「復縁工作」「会わせ屋」などなどの、各種工作行為が、ヤフースポンサーサイトで掲載不可対象となりました。

新規登録は2月1日以降から、
現在登録済みのサイトについては3月1日から順次再審査との事ですから、この間に被害に会う方がいない事を祈ります。

出来れば、掲載中のところから先に規制してほしいです。。。


まぁでも工作なんてしてるのは、探偵じゃないですからねぇ。。。

皆さんご存知でしょうか?
探偵を語り、なんとか工作をしているヤカラも多いので、
探偵社の仕事と勘違いされている方もいらっしゃいますが、
もともと「なんとか工作」は探偵のお仕事じゃないんですよ。

工作は、公安委員会も「認めてない行為」なんですよ。
と言っても、業法では特に規制はされてないので、それがもどかしい。

所詮そんな「ヤカラ」ですから、次は別の紛らわしい言葉を見つけ出すのではないかと危惧してしまいます。


人の気持ちをお金で変えられるはずが無いんです。

赤の他人にお金を払ったら「ある人物の気持ち」を自分に向ける事が出来る?

100万払おうと1千万払おうと、赤の他人がさらに赤の他人の気持ちを変える事なんてできないんです。

そんな事ができたら、アゴがはずれちゃいます。


ニュース速報でした。

では、今日はこの辺で。
ごきげんよう。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログ 戦うOLへ
ビジネスブログ
blogram投票ボタン


ひかり探偵事務所ひかり探偵事務所







hikari_kobuta at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
blogram
blogram投票ボタン