詐欺

2015年04月07日

免許証住所と住民票住所が違う?

免許証に書かれている住所って、住民票住所と同じだよね??

勿論、私は同じです。

普通、そうですよね。

このブログをご覧頂いてる殆どの方は、「うん。同じ」
って、頷かれているかと思います。

しかし!違う人がいるんです。

違うからダメ。って事ではなくて、
色々な事情を持った方がいるため、それを可能にしてあるわけです。

そこを、悪用する人がいるんですね。

今日は、そのお話です。

人気ブログランキングへ  


このご依頼者様は、弁護士さんからのご紹介の方でした。
「お付き合いをしている彼に200万円を貸したのですが、ひと月以上連絡が取れないんです」

免許証住所を知っていたので、行ってみたのですが、
表札も出ていないし、本当に住んでいるか分からないんです。

借用書はあるけれど・・・・
総額ではなく、最後に渡した5万円の分のみ

仕事も知らない、出身地も知らない
知っているのは、免許証の住所と名前と生年月日

口答では、ご依頼者様が覚えられないと思ったのか、
最後に5万円を貸した時、彼が、免許証を見せてくれたので、
それを写真に収めたそうです。

彼の事を信じていますし、
何か、事件に巻き込まれたのではないか!!・・・・・・と、
心から心配するご依頼者様


われらがひかり探偵事務所は、弁護士さんと連携し調査を進めて行く事ができます。
なのでまずは、弁護士さんに住民票の取得をお願いしました。

出て来た回答は・・・


該当なし。


つまり、その人はそこには住んでいませんよ〜〜。って事です。


免許証住所なのに、住民登録がない・・・・・

経験が豊富な探偵業者なら、それがどう言う事が、すぐ理解します。
よくあることではないですが「調査対象者」にはよくあるパターン。

普通の方は「は?」ってなると思います。
多分、同業者でも「なにそれ?」って言う人いると思います。


この手口・・・・・・・・ある、ある。

詐欺師なら、知ってる、知ってる。


単純に「住民登録がない」と言うケースで考えられることは、

セカンドハウス、短期住まい、単身赴任など。。。
実際に住んではいるけれど、住民票は移動していない。
あとは学生さんなどに多いのが、面倒だから実家のまま。
これがほとんどです。


では今回の「免許証住所なのに住民登録がない」と言うケース。

この場合、考えられるのはほぼこの2つ。
1つは、単身赴任
もう1つは、知人・友人・恋人などと一緒に住んでいて、
公共料金の契約を自分名義にする、したことがある。

住所を証明できるものがあれば、
免許証住所をその住所にできます。


これを説明しても、ほとんどのご依頼者様が
「意味が分からないんですけど?」
って、言います。

公共料金が自分名義なら、免許証住所が変えられるの?

そうなんです。
公共料金の領収書があれば、免許証住所を変更出来るんです。

もちろん誰でもです。


普通の方が免許証住所を変更する時、

引越しをし、住民票を移動した時、
免許証の更新時、
転勤で単身赴任になった時、
このタイミングが一般的だと思います。


ところが悪意を持った人間は、
恋人の家だろうと、知人の家だろうと、
いつだって誰だって利用します。

何か一つだけ公共料金を自分の名義にすれば、免許証住所を変更出来るわけですから、
それほど、難しいことではありません。

それこそ、銀行でお金を借りる時よりも簡単かもしれません。

ただ、免許証の更新時以外は、免許証裏面に新住所を記載するだけです。
なので、抜け目がない人は、更新時に変更します。
もっとひどい場合、紛失したとウソをつき、その住所で発行します。

公共料金の領収書を免許センターに持って行けば、あっさりOKなんです。


良いですか、善良な皆さん、免許証住所を信じてはいけません。

勿論、全ての方が対象ではありませんが・・・

その人がやたらと「お金の話」をする人だったら、気を付けて下さいね。


お金にまつわるお話は色々あるので、いずれアップしますね。


それと、

「家族が入院しているとか」「体調が優れなくて。。。」も要注意です。

第三者が聞けば、騙されていると分かるんですが、
当事者だと「愛情」という、言葉だけで片付けられない、複雑な心があるため、
何も見えなくなっている、見ようとしない方が多いです。


このご依頼者様も、そうでした。

住民登録が該当なしだった。ご報告しても、
該当がないと言う問題点よりも、
「やっぱり、何か変なことに巻き込まれているんだわ」と
彼の身の安全の心配が先でした。

住所がアウトなら、他の方法で行うしかありません。
名前と生年月日で再度調査を掛けましょうと、ご提案。

数日後、勤務先を判明。

勤務先から自宅を判明。

妻帯者と判明。

弁護士から内容証明書を発送。

ここまでは、連絡がありました、その先は、分かりませんが。。。

いつもそうなのですが・・・
妻子がいると知った時の、ご依頼者様のお顔。。。

胸が痛みます


真心を利用して、金を奪う!
詐欺は絶対に許せません!!


では、今日はこの辺で・・・
ごきげんよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン


ひかり探偵事務所には、衝撃的な絵の才能を持つ社長がいます。
ぶた




hikari_kobuta at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月08日

ツイッターを装ったメール

こんにちは

この数日、ひかり探偵事務所のメインのアドレスに、こんな迷惑なメールが届いています。
しかも1日に10通近く。。。ウザいです。

フィッシングメール


本文を和訳すると・・・

ご注意ください! 私たちはそれを検出しました。だれかがあなたのTwitterアカウントパスワードを盗もうとしていました。
私たちは、アカウントを保護するために私たちの安全なモジュールをダウンロードするために強くあなたをrecomendedしました!


だそうです。

ってか、recomended スペルが間違ってるし!


そいでもって、サイトへ誘導する為のURLのリンクが張ってあります。

リンクにマウスポインタをのせると、リンク先のサイトが“ピコっ”て出るじゃないですか?

そのサイトURLはツイッターとは全く無関係のURL


しかも、良く出来たもので、いかにもっぽく

このメッセージを間違って受け取ったなら、クリックしないでください。
このメッセージには直接返信しないでください。
あなたのtwitterの利用に関するサービスメールです。
あなたのtwitterアカウントでサポートを要求するために、twitter supportサイトへ来てください。

などと言うような事が書いてあり、さらに偽サイトに誘導するリンクが張ってあります。



せっかくですが。。。
わたくしは、
その手はくわなの焼きはまぐり!!でございます。


だって・・・



ひかり探偵事務所では、ツイッターはやってませんから!!

残念でした〜〜〜〜〜。




では、今日はこの辺で。。。
ごきげんよう


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン


ひかり探偵事務所ひかり探偵事務所




hikari_kobuta at 12:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月28日

依頼する時の注意点5

こんにちは。


さてさて、また新しいカテゴリーを作りました。

このブログは、悪徳探偵に騙されてしまう方を減らしたい。という思いから始めました。

だけど、まだまだ、まだまだ悪徳探偵に騙されている方がたくさんいらっしゃいます。

「探偵を頼もう!」と言うカテゴリーでは
探偵社の実態。
調査力を見極めることの重要性。
調査料金の内訳や、相場。

など「依頼で失敗しない為の探偵社の選び方」をご紹介しました。


このカテゴリーでは、
「依頼する時の注意点」

会う価値のある探偵社の見極め方。
探偵社の担当と会った際に確認しておくべきこと。
契約する際の注意点。


など、多少重複する内容もあると思いますが、とっても重要なポイントなので、ご紹介していこうと思います。


まずは、ごあいさつまで。
本編をお楽しみに〜〜。


では、今日はこの辺で・・・
ごきげんよう。



人気blogranking
にほんブログ村 OL日記ブログ 戦うOLへ
ビジネスブログ


ひかり探偵事務所ひかり探偵事務所





hikari_kobuta at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月25日

出来ないのに・・・。1

こんにちは。

もうすぐゴールデンウィークですね。
みなさんお出かけのご予定は決まりましたか?

もちろん、われらが「ひかり探偵事務所」は年中無休ですが、全員が毎日出社ではありませんので、それぞれお休みもあります。
わたくし個人的には・・・温泉行きたいですね〜〜。
でも、どこ行っても混んでるしなぁ、おまけに高いしなぁ・・・。
と思うと、結局、近場をフラフラするくらいなんですよね。


さてさて、今日は、これまた先日いただいたお問合せでの出来事です。

とある人物が所有している「不動産」を調べたい。
と言う事でした。

いわゆる「名寄せ帳」ってヤツです。

これは、100%無理です。

もう一度、はっきり言いますが、

100パーセント調査不可能です。

ある土地とそこに建つ建物が誰の所有物であるかを調べる事は、誰にでも出来る事です。
しかしながら、○○さんが所有している土地建物の有無をお調べする事は出来ません。

なので、その旨をお伝えし、
「出来ると言う会社には、逆に気をつけた方がいいですよ。」と、お伝えしました。

すると
「まったく同じことを、弁護士にも言われました」と言うじゃありませんか。

まさか!と思い
「ひょっとして、他の探偵社で“出来る”って言われましたか?」
と尋ねると・・・

案の定「はい。言われました」
ですって。。。



・・・やっぱりね。。。

某FC探偵社の名前と、某協会にも加盟している探偵社数社を挙げてました。
書けませんケド・・・


答えは判っていましたが、念の為聞いてみました。
「料金は先払いって言ってませんでしたか?」

「全部、先払いって言ってたけど、どこの会社もそうなんでしょ?」

って、オイオイ。。。
われらが「ひかり探偵事務所」は後払いざんすよ。。。

なので、
「当社は、完全後払いですから“出来ない事”を“出来る”と偽ってまでお請けする必要が無いんです。」
とお伝えしました。

何の結果も得られないワケですから、嘘ついてお請けしたって意味ないですものね。


嘘ついてまで契約する会社は、よっぽどプライドが無いんでしょうね。
先にお金だけもらって、多分こんな結果を出すんだと思います。
「本人が所有する不動産はありませんでした」
「現在住んでいる不動産も別人の所有物です」

まったく、ヒドイ話です。

ちなみにですけど・・・
料金は、10万円・14万円・25万円と言われたそうです。。。

ぼったくりもいいトコです。。。
勘弁してほしいですね。


悪徳撲滅!!

みなさん、お気をつけくださいねっ



では、今日はこのへんで。
ごきげんよう



人気blogranking
ブログ村
ビジネスブログ






hikari_kobuta at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月27日

出来ますよ〜。・・・ってオイ!

こんにちは

さぁ、いよいよ年の瀬ですねぇ。
明日が仕事納めという方も多いのではないでしょうか?

われらが“ひかり探偵事務所”は年中無休です。。。
さすがに、目の回るような忙しさでは無いですけどね

さてさて、久々の更新ですが、先日いただいたお問合せでの出来事です。
メールで、行方調査のお問合せをいただきました。

でも残念な事に、その依頼者さんが希望している調査は「出来ない」調査だったのです。

なので「その調査は、調査自体が不可能です」と伝え、そして、他に知っている情報は無いですか?と返信をしました。

その後、ご存知の情報を返信して下さったのですが、確実性の高い情報がほとんど無く「本人を特定」する事が難しいと判断させていただき、その旨を伝えました。

すると・・・
探偵社はほとんどが詐欺だから、報告された情報を自分で確認し、正しければお金を払います。そうじゃなければ、信用できない。
それができないなんて、おかしい。

と言うような感じで・・・
返信したメールを読んでくださっているのか?と思ってしまう、なんとも「ケンカ腰」な返信がきました。

なので、もう一度「当社は出来ない事を出来ると偽って、調査を受けるような会社ではないです」と返信を差し上げました。

すると、もっとエキサイティングしたメールが来ました。

内容的には
「確認してから支払うと言う契約にしてほしい!!」
「返金云々ではなく、正しけりゃ払う、間違ってたら払わない、それでいいじゃないか!!」
と言うのですが・・・


そもそも「ご希望の調査は出来ません」とお伝えしているのに・・・
それに、当社は「後払い」ですし・・・


何度かやりとりをした結果、

「その調査は出来ると聞きましたが

と・・・




・・・やっぱりね

他の探偵社で「出来る」と言われていたようです。
しかも1社だけでは無いようです。

あぁぁ、悪徳探偵だらけじゃないですかぁ。。。

そして、どの探偵社も先払いです。


探偵業法が施行されたと言っても、まだまだ、規制出来ない事はあるようです。


他の会社が「出来る」と言っている。
それなのに、私どもだけ「出来ません」と言っています。

ほとんどの方は「出来る」と言っている会社に依頼をしてしまうと思います。
もちろん、先払いで。。。

その結果は・・・

「データが残っていないので調べられませんでした。半額だけ返金しますよ」

ましな方でしょう。


「結果は出ませんでした。返金?そんなの出来るわけ無いでしょう」
「ロックがかかってしまいました。追加料金かかりますけど、特殊なルートなら調べられます。どうしますか?」

最悪のパターンですね。


なぜ、その依頼者さんが私どもにメールを返信してきたのか考えてみました。

「先払いで出来る。という会社」と

「後払いだけど出来ない。という会社」がある。

依頼者さんの希望は、
「後払いで出来る会社」

後払いの会社は“出来ない”と言っているが、“出来る”という会社がほとんどなのだから、出来るに違いない。

 ↓

よし、とにかく聞いてみよう!

と思われたのだと思います。

私どもは、リスクもきちんと説明します。
出来ない事は、きちんと「出来ない」とお伝えします。

その後、この方が「出来る」と偽る会社に依頼をしてしまったのかは判りません。
残念な結果になっていない事だけを祈るばかりです。


「情報調査」や「行方調査」の場合には、
数社に問合せをしてみてもいいと思います。
その中に1社でも「出来ない」「不可能です」と言う会社がある場合には「ホントに出来るの?」という疑問を持ってもソンは無いと思います。

もちろん、そういった「ルート」を持っていない個人探偵社や、「情報調査」が不得意な会社もありますので、その判断は確かに難しいかもしれません。


大切なお金を無駄にしない為に!!
きちんと探偵社を選びましょう。


では、今年もあとわずかです。。。
心も身体も健康に!がんばりましょう!

では・・・ごきげんよう。




人気blogranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネスブログ

hikari_kobuta at 15:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年12月27日

ワタクシ探偵ですが。。。

こんにちは。

昨夜とは打って変わって、なんて気持ち良いお天気でしょう。

クリスマスが終わると、新しい年へ向けて急に慌しくなりますね。

でも、われらが「ひかり探偵事務所」はクリスマスも年末年始も関係ありません。

クリスマスツリーやミニ門松、ミニお供え餅は飾りますよ。
私がイベント好きなので、基本的に独断でやってますが。。。
特に誰も、文句は無いようです。


さてさて、今日の本題に入りますね。

かれこれ、4ヶ月位前に静岡県で浮気調査を行った依頼者さんから、担当に久しぶりにお電話があったそうです。

その後の近況のご連絡をくださる依頼者さんは多いのですが、今回はちょっと違いました。

と言うのも・・・
以下、担当との電話のやりとりを書きます。
依頼者さんは緑字で、当社の担当は黒字にしますね。

「お久しぶりです。○○です(依頼者さんのお名前」
 担「あ〜〜お久しぶりです。お元気ですか〜〜」
「実はちょっとお伺いしたいことがありまして・・・」
 担「どうしました?」
「はい。実は。。。恥ずかしながら・・・ボクの弟のことなんですけどね。半年くらい前に出張風俗嬢を呼んだらしいんですよ・・・」
「そうしたら数日前に「探偵だ」と名乗る人物から電話が来まして・・・『あなたの情報は登録されています。削除したいのでしたら、削除料30万〜90万振り込んでください。』と言うらしいんですよ。。。」
「これは、どうすればいいのでしょうか?」
 担「○○さん。それはね、間違いなく振り込め詐欺ですよ。」
  「無視無視。無視して大丈夫。」
依「でも、もしまた電話が来たら・・・」

と心配そうに言うので、その場合の対策方法を細かくお教えしたそうです。

まぁしかし、以前から「あなたの登録情報を削除します」という手法はありましたが、未だに行なわれているとは・・・
しかも「探偵」を名乗る人物。。。
まだまだ、探偵=裏稼業というイメージが強いのでしょうか?
「30万円〜90万円」この金額の差は一体・・・。

「ワタクシ探偵ですが・・・」と電話してくるそうです。
私たちは思わず笑っちゃいますけど、わからない方は驚いちゃいますよね。

そういえば、私もず〜〜〜っと前に「振り込め詐欺」の電話をいただきました。
残念ながら(?)「探偵」からでは無かったですけどね。。。
私の場合は、『出会い系サイト』の使用料でした。

「『出会い系サイト』を利用したことは一度もありませんけど?」
と、ちょっと不愉快そうに言ったら、
「そうですか。じゃぁ、間違いかな?」と切られましたけど。。。

キレたいのは私です。
一度も利用したこと無いのに!!

一体どこから、私の電話番号を入手したのでしょう・・・。
怖いですねぇ・・・。


あぁ、また話がそれてしまった。。。

とにかく、詐欺は許せません!
詐欺をする人間は、ハナっから「ダマす気満々」で接触してきます。

自分で自分を守る為に、ちょっとでも「おかしいな?」と思ったときは、次の行動に出る前に、周りの人の意見を聞いてみましょうね。


それでは皆様、ごきげんよう〜〜。




人気blogrankingブログ村



hikari_kobuta at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
blogram
blogram投票ボタン