調査料金

2012年02月09日

弁護士のド肝を抜く報告書4

こんにちは

大変大変ご無沙汰しておりました。
年明けすぐから、いろいろと忙しく。。。
忙しいことを理由に、また更新をほったらかしにしてしまいました。

実は年明け早々、当社の責任者が超有名コンサルティング会社の方から取材を受けました。

実際にお話をさせていただき、知らなかった衝撃の事実などもありますので、その模様は改めて書く事にします。
本日は、その取材をお受けするまでのお話です。

船井総合研究所さん、と言えばご存知の方も多いでのではないでしょうか?

昨年、初冬ごろから、とても熱心にアプローチをいただいておりました。
「新しく探偵業界のコンサルティング事業を立ち上げることになりまして、それにあたり是非取材をさせていただきたい」との事でした。

しかし、当社の責任者は「取材」というたぐいのものがニガテ
これまでにも、テレビの取材や、出演依頼など多数のお誘いがありますが、ことごとくお断りしています。
ですから、今回のお申し出も、お断りする方向でおりました。


会う?会わない?どうする?
悩んでいても答えは見つからないぞ!
答えはここにある?  
今、何位?
人気ブログランキングへ


とは言え、船井総研さんと言えば、私どものような小さな探偵事務所など足元にお及ばないような立派な会社です。
ですので、なんでまた私どものような小さな会社に取材をしたいのでしょうか?と伺いました。

「はい。実はですね。・・・」と、経緯をお話くださり、
船井総研さんとお付き合いのある弁護士事務所の代表弁護士さんからご紹介をいただいたと言うのです。

う〜ん確かにわれらがひかり探偵事務所が懇意にさせていただいている弁護士事務所も複数ございます。
だけど、ご紹介をいただいたとしても、私どもの方に何のご連絡もないはずがありません。

これまでにも、弁護士事務所様からお問い合わせをいただき「ご依頼人を紹介したい」とご連絡をいただいた事もありますし、弁護士事務所様から直接のご依頼もございます。
私どもが知らないところで当社をご紹介をいただいているケースも多数ございます。

ですので、全く「」というお話ではないっちゃぁなかったのですが。

やはりどちらの弁護士事務所様がご紹介をくださったのか解らなければ、信ぴょう性の判断すら付きません。
なので、ご紹介をいただいた弁護士事務所様の名称と弁護士先生のお名前を伺いました。

しかし。。。
初めて伺う事務所名と先生のお名前でした。

なので正直に
「すみません。私どもが懇意にさせていただいている先生ではないようですが」とお伝えしました。

すると
「はい。そうだと思います」と即答
「直接御社とお付き合いは無いとおっしゃっていました。」

!と、言うことはです。
「では、なぜ、当社をご紹介くださったのでしょう?」

当然、疑問に思いますよね?


「N先生の事務所にご相談にいらしたクライアント様が、ひかり探偵事務所さんで浮気調査をされていたそうです」
「その浮気調査の報告書を見たN先生が、その調査報告書の映像や内容の素晴らしさに大変驚かれたそうで、今回ご紹介をくださった次第です」



なるほどなるほど。
そういうことでしたか・・・

確かに、私どもでは、そのまま調停でも裁判でも問題なくお使いいただけるものをご提出しております。
ですが、それはプロとして探偵業を行なっている以上、当然のことであって、当たり前のことです。

ですので、
「私どもにしてみれば当たり前のことを当たり前にして、当たり前にご報告をしているだけです。」
「何も特別な事はないですし、参考にもならないと思います」とお伝えしました。

しかし
「いえ、そんなことはないと思います。是非一度、お話を聞かせてください」と、
船井総研の担当さんも一歩も引きません。


私どもの責任者も不在にしている事も多いため、何度も何度もお電話をいただき。。。

あまりの熱心さと、
そして、ご紹介をくださったM法律事務所のN先生のご好意を無視するのも失礼に当たると思い、お会いさせていただくことにいたしました。


「とか言って、営業はなしですよ
と、最後に一点だけ確認しました。


「絶対に営業はありません。もし営業をしたら、僕を追い返してください」と言われました。

「ごめんなさいね。後出しのセコイ営業が一番嫌いなもので。。


そして、年明けにお会いさせていただくこととなりました。

次回、世の中知らない事が沢山あるのね・・・


それでは、今日はこの辺で。。。
ごきげんよう



気になるランキングは?
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ ビジネスブログ100選

blogram投票ボタン


ひかり探偵事務所には、衝撃的な絵の才能を持つ社長がいます。
ぶた






hikari_kobuta at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月13日

探偵社を選ぶ5

こんにちは。

昨日は少し涼しかった様に思いますが、今日は暑いですねぇ。


さて本日は、第3章 探偵社を選ぶです。

問合せリストは作りましたか?
リストにすると、とっても判りやすくなりましたね。

ってか、探偵社のホームページの記載が、いかに複雑に書かれているか、不明確なものが多いか、って言う事もお判りになったと思います。

さぁ、では次のステップ、依頼するためには担当者に会わなければなりません。
会う価値のある探偵社を選びましょう。


はて?一体、このリストのどこを見ればよいか?

スペースまで作ってますので、すぐ判っちゃいますね。
そうです、調査員1名の1時間当たりの調査料金です。

素行調査料金の適正価格は、

車両代を含んでいない場合、10,000円〜15,000円
車両代を含んでいる場合、15,000円〜18,000円です。



当社は、調査員2名 3時間 8万円ですので、
調査員1名の1時間当たりの料金は、13,333円です。
車両代を含んだ場合、15,000円です。


適正価格を基本料金で考えると、
調査員2名 3時間が基本の場合、8万円〜10万円。
調査員2名 5時間が基本の場合、11万円〜13万円。

車両代が含まれる場合、上記に1万円程度加算した金額です。

この価格程度であれば、適正な料金設定の会社と判断できます。


例えば、

調査時間に関係なく1日5万円と言う提案をする会社があったとします。
代表者一人ですべて行っている個人探偵社や、
法人であっても、とにかくお金だけもらえれば後はどうでもいい。と言うような、プライドのかけらもない探偵社なら、あり得なくは無いと思います。

ですが、個人でも法人でも、真面目に調査に取り組んでいる探偵社では、どんなに努力しても1日5万円では赤字です。

探偵社は、大量生産ができる日用品や食料品を販売するお店とは違います。
探偵社の提供する調査は、すべてオーダーメイドです。

調査件数が多いから。とか
調査力があるから。とか、
ましてや、自信があるから。とか言うわけのわからない理屈でお安くできるものではありません。

安かろうよかろうでは、ダメです。


1.適正価格でご提案をしている。
2.報告書の見本が掲載されている。
3.調査料金が後払いでできる。


この3点をクリアできている探偵社こそが、会う価値のある探偵社です。
そして、依頼する価値のある探偵社です。

さぁ、この3点すべてクリアできている探偵社は何社ありましたか?


恐れることはありません。
電話をして、会う約束をしましょう!!



次回、いよいよ「調査」が身近なものになってきます。
担当と会った際に確認しておくべき事。をお送りいたします。




では、今日はこの辺で・・・
ごきげんよう。


人気blogranking
にほんブログ村 OL日記ブログ 戦うOLへ
ビジネスブログ


ひかり探偵事務所ひかり探偵事務所









hikari_kobuta at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月24日

探偵に依頼する時5

こんにちは。

そろそろ、このカテゴリーを充実させていこうと思います。

のっぴきならない事情があり、探偵社に依頼をする時、

1.探偵社探し
2.電話またはメールで問合せ
3.探偵社選び
4.面談
5.契約
6.調査
7.報告・アフターフォロー

大きな流れは、このようになりますね。

この中で、重要なのは「探偵社探し」と「問合せ」
そして何と言っても「探偵社選び」です。


あれ?
探偵社選びをしてから問合わせじゃないのかい?
って思われましたか?


違います
問合せをしてからの探偵社選びです。

この手順、かなり大きなポイントですよぉ。

問合せをしてみないことには、どんな会社かわかりません。
問合せをしたって、わからないんです。
だから、まず問合せをして、そして見極めるのです。


しかしながらですね。。。
ほとんどの探偵社は、問合せからすぐ、面談に持っていこうとします。

金額は電話だけで簡単に出せるものじゃありませんから。
自信がありますから。
事務所を見てもらえれば、納得してもらえると思いますから。
プロのカウンセラーがいますから。
など、そりゃもう、強引です。。。


現実、多くの依頼者さんは、他の探偵社との比較検討の余地もなく、
問合せ→即面談約束→強引契約=トラブルとなってしまっています。


そうならない為に、いや、そうなってほしくありませんので、
私は、声を大にして言いたい!!

順番を間違えないでくれ〜〜〜〜。


このカテゴリーでは、それぞれの手順と、その際の注意点を書いていきますので、参考にしてください。


1.探偵社を探す。
問合わせをする価値のある探偵社の探し方を伝授いたします。

2.問合わせ。
何を聞けば良いかをお教えします。

3.探偵社を選ぶ。
問合せで聞くことが出来た重要項目を整理し、依頼する探偵社を選びます。

もちろん、問合せ時点で納得がいけば、即面談約束でも良いでしょう。
でも、問合せをした時に、納得のいく説明や金額の提示がない場合には、面談の約束をしてはいけません。

4.面談
担当と会った際のチェックポイントを書きます。

5.契約
様々な書面の交付などが必要です。
契約書に記載する内容を書きます。



お楽しみに〜〜。

では、今日はこの辺で。。。
ごきげんよう。






人気blogranking
にほんブログ村 OL日記ブログ 戦うOLへ
ビジネスブログ


ひかり探偵事務所ひかり探偵事務所



hikari_kobuta at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月21日

探偵を頼もう!5

こんにちわんこそばっ。

またまた、お久しぶりでございます。
いつも言ってますけど、サボっていた訳じゃないですよ。

今日は、
探偵を頼もう!の巻き その15
「探偵社の選び方−9 先払いしてもホントに大丈夫?」

をお届けします。


おそらく、日本全国の探偵社の9割くらいは「調査料金先払い」ではないかと思います。

一番多いのは、
調査日までに、契約金額の全額を振り込んで下さい。入金の確認が出来たら調査を開始します。
報告時に、追加料金と経費をお支払い下さい。

というパターンです。

果たして本当に先払いしても大丈夫なのでしょうか?


ってか、大丈夫じゃないから、こうして取り上げているんですケドね。。。


この世の中で、お金を先に支払う事ってどんなことがあるでしょうか?

食券を購入する飲食店。
バスや電車の回数券。
英会話教室のチケット。
エステのチケット。
ネットオークションの支払い。

などなど。。ぼちぼちありますが。。。

食券や回数券などは、確実に満腹になったり、電車に乗れるので、心配は無いですよね。

英会話やエステのチケットも、期限はあっても行けば授業を受けたり、施術を受けることが出来ます。

ネットオークションは、様々なトラブルがあることは確かです。
とはいっても、ついつい通販とか「先払い」しちゃいますけどね。。。
ありゃりゃ、それじゃ、元も子もないですね。
でも、どうしても「先払い」をしたくない場合「代金引換」という方法が選択できます。要は、本人の希望次第なんですよね。


しかし、探偵はどうです?
「先にお金払ってくれないなら、調査はしませんよ!」

って・・・そりゃぁ横暴ぢゃありませんか?

私は、横暴だと思うんですけどね・・・
だって、何の保証もないんですよ。

当然、その会社に依頼しようと決める時、調査報告書の見本などを見て「調査力」の確認はしていると思います。

でもね、何だかんだ言っても、調査料金って数百円単位じゃないですよね。
数万円〜数十万円という「大金」じゃないですか。

私にとっては、1万円だって大金です。

先払いする事に不安は無いですか?

多分、ほとんどの方が「不安」だとは思います。
でも「探偵社では先払いが当たり前です!」と言い切られてしまうと「あぁ、そうなのか・・・」と支払ってしまうんですね。

手持ちが無い。そんな高額じゃ払えない。と言うと
「クレジット払いが使えます」とか言う始末です。

何で、何の保証も無いものに対して、まだ何もしていないのに、クレジットを組みましょうと言えるのでしょうか?


でもって、約束の調査日当日。。。
ちゃんと連絡をくれて、なおかつ証拠が取れる会社だったら、やっと安心して胸をなでおろすこともできるでしょう。

しかし!
探偵社から何の連絡も無く、調査をしているのかすらわからない。とか
連絡しても「担当は外出中です、連絡させます」と言われるだけで折り返しの連絡も一切ない。とか。
最悪の場合、電話に出ない。という事もあります。

結局、ど〜〜しよ〜もない結果だったとしても、先にお金を振り込んでしまっているのでどうすることもできません。
挙げ句、追加料金や延長料金まで請求されちゃうのです。

クレジットを組んでしまったら、毎月確実に請求が来ます。


そうでなくても心配な事が多いのに、これ以上、心配事を増やしてどうするんですか!?

われらが「ひかり探偵事務所」は、ほとんどの調査が「後払い」です。

後払いではお受けできない調査は3種類だけです。
1.DNA鑑定。
→ 私的鑑定も裁判鑑定も、半金を先にお支払いいただき、採取キットをお送りします。鑑定結果と引き換えに残金をお支払いいただきます。

2.筆跡鑑定書や指紋鑑定書の作成。
→ 通常鑑定は後払いです。裁判などで鑑定書が必要な場合、作成費用のみ先払いです。

3.成功報酬でお受けした調査の着手金。
→ 行方調査などを成功報酬でお受けする場合、着手金は調査を遂行する為の人件費や経費ですのでお支払いいただいております。

そして、もう1つ特殊なケースで、担当と会わずにご契約をした場合。
→ どうしても会いたくないという方。メールやFAXなどでご契約をさせていただいた方。の場合、当社としても依頼者さんを信頼する術がございませんので、半金をいただいております。


これ以外、契約時はもちろん、調査前・調査中にお金をいただく事はありません。


依頼者さんが、探偵社に問合せをする時、ぜひ聞いてください。
先払いなのか?後払いなのか?
「たぶん後払いできます」って言うのは「できない」のと同じです。
「クレジットが使えます」って言うのは、話が違う方向へ向かってます。

探偵社も、料金は「言えない」としても、先払いか?後払いか?は言えますよね。


悪い事は言いません。先払いはしちゃいけません。絶対に!!



ふぅ、なんだか今日は文章の組み合わせがうまくいってないような気がします・・・大丈夫かなぁ・・・お腹が空いてるからかな?


さてさて、涙なくしては語れない、残念なお知らせがございます

実は、今回をもちまして「探偵を頼もう!の巻」は終了となります。
一通り、注意点は書いたハズ・・・
また思い出したら、その都度更新いたします。

永らくのお付き合い、誠にありがとうございました。











な〜〜〜ンて、このままおとなしく終了してしまうワタクシではございませんっ!!

新しく「実際に会う際の注意点」(タイトルは考え中です)をはじめま〜す。がはは。

また、よろしくお願いします。


では、ごきげんよう



人気blogrankingブログ村ビジネスブログ

hikari_kobuta at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
blogram
blogram投票ボタン